2022/01/03 00:48

アメリカから帰国後、最初に翻訳会社に就職したのがきっかけで翻訳の仕事に携わるようになりました。

定住しない、生まれながらの風来坊で、自分の責任で一人でできる仕事が良いと思っていたので、翻訳を選びました。
例え結婚して子供がいる生活になっても家で働けたり、外国に行ってもパソコン一つあればできるような仕事がいい、ということで。
今思えば、昔から自分のことは良くわかっていたようです(笑)。

平日も週末も派遣、契約、フリーランスで翻訳修行&仕事をやりながら、一区切りがついたら旅に出る、という生活を繰り返す中で、ヨーロッパやアジアのいろんな国に行き、アンティークマーケット等で工芸品やヴィンテージの素材等を求めて探し歩きました。そして、大好きだったロンドンでは、ファッションカレッジでバッグ製作の短期集中講座があることを知り、思い切って短期留学。

ロンドン滞在ではバッグ製作の講座での学び以上に得たことがたくさんありました。ロンドンを離れる時には悲しくて涙が止まりませんでしたが、生涯の友に出会い、ストリートマーケットではお店を構えたり、セレクトショップへの卸売りもしたり、学生に許される時間内で日本の政府機関でアルバイトをしたり、、すべてがタフで楽しい思い出となりました。その後は環境の変化もあり手工芸から離れていた時期も長くありましたが、このロンドンでの経験が原点となり、心に深く刻まれているからこそ、バッグ製作などの手工芸に対する情熱を今でも持ち続けられているのだと思います。


I started working as a translator after returning to Japan.  As I knew I was born to be a wanderer with a free spirit, I chose the job which allowed me to work from home or work on a project basis. That way, I could travel to anywhere anytime, as long as I have my laptop with me.   

In between job assignments, I traveled to Europe and other Asian countries, to seek for beautiful crafts, antique materials in markets, and special materials in haberdasheries, etc.  

In London, I took a short-course for learning handbag making techniques at a fashion college.  This study trip became a very special time and experience for me which I will never forget -  I met a lifelong friend, launched my own handbag brand, experienced selling at a market stall and to small boutiques, etc. and worked part-time at a government office,  I really leaned a lot through the life in London.   The memory from this time keeps reminding me of what my true self is, even after going through a different circumstances in my life.  After 20 some years, I am still in love with craft works like handbag making, etc. especially those using ancient and sophisticated techniques.